Nagaike Satoyama Club

tori長池里山クラブホームページ

<ようこそ長池里山クラブホームページへ>

たね春から秋にかけては田んぼや畑の活動を中心に活動し、

冬は雑木林の手入れを行うなど継続的に活動しかつての

里山と住民が培ってきた里山文化を受け継ぎつつ残された

自然の保護活動も行います。米作り、野菜作りのほかに、

炭焼き、木工細工、自然観察、収穫祭に取り組みます。

また、伝統行事であるどんどやきも行います。

あなたも里山クラブで一緒にやってみませんか?

 

お知らせ 。

 2017.7.8(土) 7月の活動「収穫したジャガイモを使ったカレー作り」

 2017.8.19(土) 8月の活動「案山子(かかし)を作ろう」

 「さとやま日記

 東京都・セブンイレブン記念財団「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」


 2017.7.8(土) 7月の活動「収穫したジャガイモを使ったカレー作り」

7月はジャガイモを収穫して、カレー作りを行います。
里山で収穫したお米を薪で炊いて、収穫したジャガイモを使ったカレーを作って、里山の夏を味わいましょう。
参加人数分のジャガイモ以外の野菜とカレー用の食器をお持ちください。

◆◆2017年度第4回7月8日(土)「収穫したジャガイモを使ったカレー作り」◆◆
<スケジュール>
9:30 受付開始
10時の活動開始までに受付をお済ませください。
10:00〜12:00 ジャガイモの収穫、草刈り、カレー作り
12:00〜13:00 午前中の作業終了、集合写真、昼食
13:00〜14:30 草刈り等
14:30 活動終了
14:30〜15:00 スタッフミーティング(どなたでもご参加いただけます)
★スケジュールは変更になる場合もあります。
★雨天時は翌日9日(日)に延期または中止にすることがあります。

<持ち物>
ジャガイモ以外のカレー用カット野菜(参加人数分)、
カレー用の食器(皿、椀、箸、スプーンなど)、飲み物、虫除け
軍手、帽子、タオル、長靴など各自必要に応じて。
草刈り作業には長袖、長ズボンの着用が適しています。

※雑木林で作業をする場合の服装は、長袖、長ズボンでお願いします。

*中止、延期の場合は 長池公園自然館 042−678−4616 でもご案内します。

 

 2017.8.19(土) 8月の活動「案山子(かかし)を作ろう」

8月の活動は第3土曜日の8月19日、案山子作り、そうめん流しです。
案山子作りを希望される方は、下記の材料を忘れずにお持ちください。
材料が足りないと案山子が完成しませんので、工夫して、各部の材料をお持ちください。

1. 案山子作り
田んぼの稲を見守る案山子を10体作ります。
1体の案山子を作るために、
・胴体用のシャツやTシャツ
・足用のズボンかスカート
・頭用の白いTシャツ
・頭にかぶせる帽子やスカーフ
・手用に軍手や手袋
などが必要になりますので、それぞれの部分の古着を用意してください。他にも材料を工夫してお持ちください。
製作希望者が多い場合は、複数のご家族でいっしょに作っていただくこともあります。協力して作っていきましょう

2. そうめん流し
竹でそうめん流し台を作り、そうめんを流します。
そうめんは1人100gを目安にクラブで用意します。そうめんだけで足りなそうな場合はお弁当をご準備ください。
夏ならではの「涼」を体感しましょう。
そうめん流し台づくりとそうめんを茹でる作業にご協力をお願いします。

◆◆2017年度第5回8月19日(土)「案山子(かかし)を作ろう」◆◆
9:30 受付開始
10時の活動開始までに受付をお済ませください。
10:00〜12:00 案山子作り、そうめん流しの準備
12:00〜13:00 集合写真、昼食(そうめん流し)
13:00〜14:30 案山子の設置、草刈り
14:30〜15:00 後片付け、周辺清掃
15:00 活動終了
15:00〜16:00 スタッフミーティング(どなたでもご参加いただけます)
★スケジュールは変更することもあります。
★雨天時は翌日19日(日)に延期または中止にすることがあります。

<持ち物>
帽子、軍手、手拭い・タオル、各自の椀、箸、水筒、弁当、カット野菜
案山子の材料の古着(シャツ、ズボン、スカート、ジャケット、スカーフ、帽子、手袋など)
草刈り作業には長袖、長ズボンの着用が適しています。
★熱中症対策のため、帽子、タオル、飲料水は必ずお持ちください。
また、虫対策に虫除けスプレー、かゆみ止めの薬などをお持ちください。

長池公園自然館 TEL 042-678-4616にてもご案内します。


 東京都・セブン‐イレブン記念財団「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」

長池里山クラブは平成26年度(2014年度)〜平成28年度(2016年度)まで3年間の助成先に選定されました。

助成期間終了後も、「雑木林更新を核とした里山循環の実践」として、雑木林を中心とした活動を行っています。
炭焼きや雑木林で発生した材料を使った活動も行います。

 

 

nagaike satoyama club